生産性

合理的な生き方

<理由>日本の生産性が低いのは「時給が低すぎるから」

日本は先進国として経済でも技術面も長らく世界のトップランナーでした。 しかし、日本の生産性が先進国群の中でダントツに低いということをご存知でしょうか。 今回の記事では「日本の生産性が個々まで低い理由」について解説していきます。 結論は「時給の低い労働をしている人が多いから」です。
合理的な生き方

<労働オワコン?>問題→「日本企業で働く」=「生産性が低すぎる」

今年2月、堀江貴文氏が『僕たちはもう働かなくていい』という本を出しました。働かなくていいって、そんなわけないですよね。ですがAIやロボットの登場により、時間を切り売りするような生産性の低い労働は間違いなく淘汰されていきます。この問題について今後の動向と、個人が採るべき行動について考察していきます。
合理的な生き方

<自分一人でもできる>個人が生産性をあげるための方法

「働き方改革」が叫ばれているなか、生産性への注目度も爆発的に上がってきています。 前回の記事では日本の生産性が上がらない原因について「生産性の定義」という観点から解説しました。 今回はそんな環境の中で、個人でも生産性をあげる方法について考えていこうと思います。 結論は「換金性のあるスキルを身につける」です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました