【記事外注は環境づくりから】メンタルがきついのでまずは環境を整えましょう

外注 メンタル外注

動画はこちら

【5人の法則】出会いよりも「誰と関わらないか」を考えた方が良い理由
筆者: 現在50人の外注ライターを雇い、メディアを運営する。
「お金をかけない外注の方法」や「記事外注における収益化」について紹介。

こんにちは、マツオカです。

僕は現在40人のライターさんを雇ってメディアを運営しているのですが、その中で最も大切なのは「環境づくり」だと思うわけですよ。

それは自分にストレスをかけない「システムづくり」とも言えますね。

 

特にフリーランスとなると自分の資本は「身体」になるので、いかにこのシステムを作るかが大切なんですよね。

今回はメンタルと身体は連携しているので、自分にストレスをかけない「システムづくり」をしよう、という内容です。

スポンサーリンク

メンタルと身体は連携している

外注 メンタル

なんか宗教みたいなこと?
別にストレスとかなくても風邪ひくし。

もちろんこれを「証明しろ」と言われると難しいのですが、以外に実体験としてある人多いんじゃないかと思うんですよね。

例えば大変なプロジェクトが無事終わって「緊張の糸が切れた瞬間に思いっきり熱を出す」みたいな。

入試が終わった瞬間に体調を崩すとかも珍しくありません。

 

ストレスはダイレクトアタックしてくる

「会社いきたくない。行きたくない!!」

と思ってると電車でお腹が痛くなったり、日曜日の夜から頭痛がしたりみたいな、

こういった「ストレス」は基本的に身体にダイレクトアタックしてくると思ってます。

 

僕の実体験ですが、大学受験で第一志望から”不合格通知”が来たその日のうちに

思いっきり体調を崩しました。

 

熱は40度近くまで上がり嘔吐・めまいなど「具合が悪い」の限りを尽くしたんですよね。

もちろん病院に行きましたがノロやインフルは陰性でした。

まあつまり”ダイレクトアタック”ですよ、結構あると思うんですよ。

 

スポンサーリンク

環境・システムづくり

外注 メンタル

ここで必要だと思うものは「嘘をつかなくてもいい環境作り」です。

例えば外注で言うとライターさんに嘘をつかないのもそうですし、

メディアの読者さん、自分も含め嘘をつかないという感じです。

 

嘘をつかなくてもいい環境

「嘘をつかなくてもいい環境」ってなんだよってことですが、つまり「参加者全員がメリットを享受できる環境」のことです。

以前アンチ対策の記事で、相手を勝たせることが最大の防御策であるとまとめたのですが「嘘をつかなくてもいい環境」という点でも大切になってきます。

 

「嘘をつく=相手を騙してる」なので、例えば外注で言えば

・「スキル教えるよ」と言って教育しない
・スキルアップしたのにいつまでも安く買い叩く
・「雇ってるんだから」と思い、罵声を浴びせる

これって確実に相手に損をさせてますよね。

 

これが詐欺になる理由は他のページで詳しく書いてるので気になる方はここからどうぞ

【全部公開】記事作成の外注化ってどうやるの?【お金をかけない外注】
今回は「27人を雇った方法」を全部公開します。かなり再現性の高い内容になっているので「外注」とか「人を雇う」ことに挑戦するハードルはぐっと下がりますよ。

 

本題に戻ると、相手が損をしていることに気づいていないうちは良いですが

自分が損をしていると気づいたときに、普通ならむかつきますよね。

だからそれを取り繕うために嘘をついたりと、余計なところに神経を張らなきゃいけなくなったりで、完全にアカン状況ですね。

 

フリーランスとかもそうですが、外注なんかは特に「これは相手が損をしていないか?」と毎回確認するのが良いかもしれません。

それはあとあと自分が面倒なことにならないためですけど。

 

当然、自分も勝つ環境

当然、相手を勝たせるだけじゃなくて自分も勝てるように設計しなければいけません。

じゃないと継続できないですし、経済面でダイレクトアタックを食らうので。笑

 

外注で言えば、教育に時間をかけることも大切なんですが

→時間がかかりすぎて費用対効果が悪い
→ライターさんのニーズは教育より成長
→教育の仕組み化
   →ライターさんの成長&自分も時間を確保

 

けっこうきれいなWin-Winだと思います。

こういった環境の整備が必要になると思う今日このごろです。

 

スポンサーリンク

心理を理解すると少し楽になる

外注 メンタル

ということで今回は、メンタルと身体は連携しているのでストレスのかからない環境を作りましょうという内容でした。

特にフリーランスだと身体だけが資本なのでより一層気をつけなくてはいけません。

普通に暮らしてたらそれだけでいろんなストレスってありますよね。

・大事な局面に限って本気で戦えない
・なぜか他人に嫌悪感を抱いてしまう
・どうしても批判されてしまう

 

大事な局面に限って本気で戦えない
→自己防衛本能

なぜか他人に嫌悪感を抱いてしまう
→知らないだけ

どうしても批判されてしまう
→批判する心理が分かっていない

 

これらって全部過去の記事で解説してますが、原因というか心理を理解するとそこまで強敵じゃなかったりします。

 

と言うより、基本的には相手にちゃんとメリットがあるように設計していれば問題は無いと思います。それは外注とかに限らず。

その後に「自分にも利益残る?」って確認するような感じ。

 

このブログでは僕が外注をするなかでわかったことなどをまとめているので、よかったら他の記事も読んでみて下さい。

ということで今回は以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございます!

【1記事を100円で】外注ライターさんを10人雇うまでの完全講義(5つのテンプレ付き)|マツオカ【50人雇い大学生】|note
「あるいは、自分で記事を書き続けるか」 本noteでは、これから記事作成の外注化を始めたいと思っている方に必要な情報が全て詰まっています。 それは僕がこれまでに経験した星の数ほどのトライアンドエラーから抽出した果実のようなものです。 本noteを手にとってくださった方には、できるだけそんな遠回り、時間の無駄使い...

関連記事

【セルフ・ハンディキャッピング】人が本気で戦えない理由
テスト前に掃除をしたり、志望校を下げたり、人間は何かと「本気を避ける」生き物なのです。 でもそれってどう考えても損ですよね。今回は「本気を避ける心理」とその解決策について解説します。
<大学生 人を雇う>人はなぜ他人を責めるのか(アンチ対策)
今回は「アンチ対策」についてです。対策と言っても「なぜ人はアンチ活動をするのか」を理解しなければ、ほんとうの意味での対策はできないものです。最大の防衛策を考えましょう。
挑戦や行動は「自己防衛策」もセットで考える必要がある
挑戦に批判はつきものです。でもその批判を減らすための自助努力は欠かせません。 今回は「自己防衛策まで含めて挑戦である」という内容で解説します。
【大学生の外注戦略】記事外注を始めた理由は?実際どう?【最安外注】
【大学生 人を雇う】僕は現在26人の方を雇わせていただいているのですが、今回は「人を雇うことにした経緯」と「今どんな感じか」について紹介していこうと思います。
【全部公開】記事作成の外注化ってどうやるの?【お金をかけない外注】
今回は「27人を雇った方法」を全部公開します。かなり再現性の高い内容になっているので「外注」とか「人を雇う」ことに挑戦するハードルはぐっと下がりますよ。
【大学生の外注戦略】50人を雇ってわかったメリット【お金をかけない外注化】
日本人の8割は人に雇われた経験しかありません。それが悪いことと言うつもりは少しもありませんが、「雇うこと」にもメリットはあるんですよ。今回は26人を雇っている大学生がそのメリットを紹介していきます。
【大学生の外注戦略】人を雇うことの難しさについて【お金をかけない外注化】
前回は「人を雇うことのメリット」について紹介しましたが、今回は「人を雇うことの難しさ」について解説していこうと思います。 今回も3点に絞って紹介しているので非常にわかりやすい。(自分で。)
【50人雇い大学生】外注をチーム制にしたメリット・デメリット
外注化とかライターさんを雇うとなったら必ず必要になる「チーム制」について。 今回は素もメリットとデメリットについて解説していきます。
【外注】副業バブルなので波に乗る方法を解説【50人雇い大学生】
副業解禁を皮切りに「副業バブル」が始まりました。今回はその副業バブルの波にのって成果を出す方法を解説していきます。 今回も僕の実践済みのないようなので再現度は高め。
<画像・動画・無料相談つき!>WordPressを使ったブログ開設の手順を教えます!
「ブログ始めるなら圧倒的にWordPressがいい」それはわかってるけど難しい。 今回は超丁寧にブログ解説までの手順を解説。50枚超えの画像と4本の動画、無料質問あり!
タイトルとURLをコピーしました