合理的な生き方

<労働オワコン?>問題→「日本企業で働く」=「生産性が低すぎる」

今年2月、堀江貴文氏が『僕たちはもう働かなくていい』という本を出しました。働かなくていいって、そんなわけないですよね。ですがAIやロボットの登場により、時間を切り売りするような生産性の低い労働は間違いなく淘汰されていきます。この問題について今後の動向と、個人が採るべき行動について考察していきます。
合理的な生き方

【セルフ・ハンディキャッピング】人が本気で戦えない理由

テスト前に掃除をしたり、志望校を下げたり、人間は何かと「本気を避ける」生き物なのです。 でもそれってどう考えても損ですよね。今回は「本気を避ける心理」とその解決策について解説します。
就活ネタ

<文転は逃げ?僕はしたけどね>浪人経験者が語る文転が最強である理由

高校での大きな選択の一つとして「文理選択」があります。高校1年とか2年での決断がそんな強いものなわけもなく、 理系から文系に転向する「文転」は実はけっこう盛んに行われてたりするものです。今回は受験と就活という観点から「僕が文転をおすすめする理由」について解説していこうと思います。
スポンサーリンク
合理的な生き方

<大学全入時代>「大卒」という資格の価値やメリットは次第に低くなる

「大学全入時代」とか、「大学は人生の夏休み」などという言葉を耳にすると、大学の価値って何だろうって思いますよね。昔はごく一部の人しか大学には入れなかった大学も、現代では「全入時代」です。今回は「大卒」という資格の価値やメリットは次第に低くなるという内容です。
合理的な生き方

<優秀な人ほど謙虚>「謙虚さ」を身につけることで成功者に近づこう

よく「謙虚に生きるべき」と言いますがなぜでしょうか? 実際に、ビル・ゲイツ氏やマーク・ザッカーバーグ氏をはじめとする成功者たちは謙虚で誠実です。 今回の記事では、優秀な人はなぜ謙虚なのか。謙虚さを身につけるには。といったことについて書いていきます。
合理的な生き方

学校批判は頭良さそうに見えるけど何も生み出していない。

よく「日本の学校教育は〜〜だからダメだ!」とか言いますが、本当にそんなこと言っている余裕ありますか? 他人の批判は自分の安全が確保されて初めて成立するものです。 「頭良さそう」に見えるかもしれませんが注意が必要かも。
稼ぎ方・副業

【有料商材】高い情報商材には「高いなりのメリット」がある

今回は「高価な情報商材のメリット」について解説していきます。 高価なものは敬遠されがちですが、高いだけのメリットはあると思うんですよね。 by有料商材作成中の筆者。
稼ぎ方・副業

【1ヶ月目】オンラインサロンってどんな感じ?

今回は「サロンはいってみてどう?」という内容です。 1ヶ月前くらいに2つのサロンに入ってみての、新鮮な感想をお届けします。
稼ぎ方・副業

1対1の仕事はなるべく避けたほうが良い【ブログ✕youtube✕情報発信】

1対1ってなんやねん、と思うかもですがネタバレすると「レバレッジ」の話です。 1つの労働時間をいかに増幅させていくかについて考えていきます。
合理的な生き方

「視座を下げる」とはいったい何なのか【インフルエンサーに学ぶ】

「視座を下げる」ってインフルエンサー(主にりゅうけんさん)とかがよく言ってますが、どういう意味なんでしょうか。 と言うか下げる意味ある?今回は視座を下げられないとどんな恐ろしいことになるのかを解説します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました