合理的な生き方

<常識とは。>「大卒」という資格がたぶん価値をなくしていくと思う話。

「大学全入時代」とか、「大学は人生の夏休み」などという言葉を耳にすると、大学の価値って何だろうって思いますよね。それこそ昔はごく一部の人しか大学には入れなかった大学も、現代でその価値は低くなっているのではないでしょうか。今回の記事では「『大卒』という資格がたぶん価値をなくしていくと思う話」というテーマで書いていきます。
合理的な生き方

「働かない時代」はくるだろうけど教養がないと結局は奴隷になる話

様々な著名人が「労働は終わる。つまらない仕事は全部AIとロボットがやって、人間は自由な時間が増える。」と語っています。 しかし本当にみんなが好き放題に遊んで、暮らせる時代が来るのでしょうか。 今回の記事では「『働かない時代』はくるだろうけど教養がないと結局は奴隷になる話」というテーマで書いていきます。
合理的な生き方

挑戦は怖いけど自己評価を低くすればハードルはぐっと下がります。

将来への不安から「転職する」「副業を始める」など、新しいことに取り組まれる方も多いと思います。僕もブログやYouTubeなどいろいろ挑戦してきましたが、新しいことに挑戦するのってけっこう怖いです。今回は「新しいことに挑戦する際の心理的ハードルの下げ方」について解説していきます。結論は「自己評価を低く設定する」です。
スポンサーリンク
合理的な生き方

<負け確ギャンブル>持ち家よりも賃貸がいいと思う僕なりの理由3つ

「賃貸vs持ち家」論争は長く議論されてきた内容ですね。僕も「マイホーム憧れるなぁ」と思っていましたが、冷静に整理してみてマイホームの必要性に疑問を抱いたので今回は「持ち家よりも賃貸がいいと思う理由」を考察していこうと思います。 結論は「莫大な借金であること」「負け確ギャンブルであること」「”不動”産であること」です。
合理的な生き方

<最短ルート>成果を出す最短ルートは目標となる人の真似をすることです。

部活でも勉強でもビジネスでも、ある分野で結果を出そうと思ったら、まずは目標となる人の研究が必須です。 部活ならめちゃうまい先輩を観察する。ビジネスなら成功者の研究をするといった感じですね。 今回の記事は、「自分が成功したい分野で成果を出す最短ルート」について考察していきます。結論は「目標となる人の真似をすること」です。
合理的な生き方

<実証済み!?>人のために行動すると自分に返ってくる話

小学校とかで「情けは人の為ならず」という言葉を習いましたよね。 人のためにしたことは巡り巡って自分に返ってくるという、あれです。 実はこれ単なる道徳教育ではなく科学的に証明されてるんですよね。 今回の記事では、「人のために行動すると自分に返ってくる」というテーマで実生活に役立つ具体例を紹介していきます。
就活ネタ

<有名大企業もヤバいです>ブラック企業の見極め方3選

就職先に求める要素っていろいろあると思いますが、やはりブラック企業だけは避けたいですね。たとえ”人気企業”であっても実際はブラックな職場環境なんてこともあります。 今回の記事では、見分けることが難しい「ブラック企業」の見極め方について解説していきます。結論は「社員の声・厚労省のリスト・ビジネスモデル」を見ることです。
就活ネタ

<目指せ倍率0⁉>楽して「隠れ優良企業」を探す方法【具体例あり】

就活で注目されることといえば、ホワイトか、給料はいいか、福利厚生は整っているか、などなどいろいろあると思いますが、やはり優良企業に入りたいですよね。 今回の記事では、「隠れ優良企業」を探せるような方法を紹介します。結論は「投資ファンドの銘柄を見る」です。 聞きなれない言葉かもですがわかりやすく解説するので大丈夫です。
合理的な生き方

<歪んだ価値観からは避難すべき>大学にもおかしな人はたくさんいます。

企業や大学といった”クローズド”な環境では、少し歪んだような価値観は生まれやすいですし、簡単にその価値観に染められてしまいます。今回の記事は「大学には、たとえ教授でもおかしな人はたくさんいます。」というテーマで書いていきます。結論は「歪んだ価値観からは避難すべき、狂ってると認識できてるうちに逃げましょう。」です。
合理的な生き方

<期待は捨てる>他人への期待は実は「時間と精神力の浪費」です。

「期待」はしばしば「信頼」とも同じ意味で使われ一般的にはポジティブはワードとして扱われています。 今回の記事では「期待」の少しネガティブな側面にフォーカスして「他人に期待すると実は時間や精神力を浪費している」 というテーマでお届けしていこうと思います。結論は「他人に期待するのはコスパが悪い」です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました