「働かない時代」は来るかもしれないが教養がないと結局は奴隷になる

合理的な生き方

こんにちは、マツオカです。

 

僕のブログでも紹介していますが、

日本を代表する起業家のホリエモン氏やインフルエンサーであるマナブさん、りゅうけんさんなども

 

「従来のいわゆる労働は終わる。つまらない仕事は全部AIとロボットがやって、人間は自分の自由な時間が増える。」 ということを語っています。

 

現にYouTuberなどは従来の”労働”の域を出て、信じられないような額を稼いでいます。

 

しかし本当にみんなが好き放題に遊んで、裕福に暮らせる時代が来るのでしょうか。

 

今回の記事では「『好きなことで生きていく』の意味」というテーマで書いていきます。

結論は「『働かない時代』はくるだろうけど教養がないと結局は奴隷になる」です。

 

詳しく見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

働かなくていい時代は来る?来ない?

 

過去の記事でも何度か紹介していますが、これまでよりもさらに加速して労働の形は変わっていくでしょう。

つまり、従来の意味での「労働」であれば、働かなくても生きていける時代に突入していると言って間違いないでしょう。

<低賃金だから?>人手不足が嘘である理由と今後について
労働人口の減少に伴って「それは問題だ、移民を受け入れるべきだ。」という意見を耳にする機会が増えました。 しかし、はっきり言って人手不足は嘘です。 今回の記事では「なぜ人手不足は嘘だと言えるのか。また今後の対策について書いていきます。

 

現代は、特に有名でもなかった一般人が日常風景や遊びの1コマをシェアして膨大なお金が集まったり、

自分の経験や体験から有益な情報をシェアしても、そこにお金が集まるようになっています。

そしてついにはYouTuberが職業として成立し、小中学生のなりたい職業としても認識されるようになりました。

 

このように「情報は無料」で公開され「対価は信頼」という形になってきているのです。

もっというと、インフルエンサーがお金を稼ぐモデルは「信頼がお金を生む」として確立されています。

これはYouTuberに限った話ではなく、一般の企業であっても情報をオープンに公開していますよね。

いわゆるオープンイノベーションです。

最近のものでいうとスウェーデン発の世界的自動車ブランド「VOLVO(ボルボ)」も過去の自動車事故のデータを無料で公開し始めてます。

ボルボが事故調査データを公開、狙いはテック企業引き寄せ効果
自動運転推進に向け、ボルボは事故調査データを公開し、テック企業参加を促す。

 

「頑丈で事故に強い」というブランドイメージで戦ってきたボルボが、そのノウハウを無料で公開するなんて普通に考えれば狂っています。

これは全て「信頼」と「お金」が交換可能であるということを裏付けていると言えるでしょう。

つまり有益無益にかかわらず、情報を出せば出すほどそこに知名度と信頼性とお金が集まってくるような仕組みが出来上がっているのです。

 

え、遊んで暮らせる時代?

その一方で、トヨタ自動車社長の「終身雇用の終焉宣言」や「AIに仕事が奪われる」といったように従来の”労働”の形は次第に崩れていっています。

就活は売り手市場といいつつも、ほぼ全産業でAIによる効率化ができて、明らかに人が必要なくなります。

 

つまり長期的に見れば見るほど労働力よりも情報の方が価値を持ち始めてますよね。間違いなく。

どこかの会社組織に所属して会社のために働き続けるよりも、一見楽してるように見える情報発信者の方が社会的価値が上がりつつあるということです。

 

もちろん「それで生きていけるのなんて一部の人だけだ」というのもごもっともです。

・どう発信したら多くの人に届くのか
・より信頼を獲得するにはどうしたら良いか
・どこから情報を仕入れるか
・情報をどう活用するか

 

こういったことが考えられなければどんな時代でも難しいでしょう。

つまり問題は教養です。

 

従来のような「労働」という文脈で言えば「働かなくていい時代」はすぐそこです。

ただし「教養が無くても生きていける時代」は残念ながら来ないでしょうね。

今は間違いなく労働の変化の過渡期なので、その波を認識して準備が出来るかが大きな分かれ目と言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

教養なき者は奴隷になる

このような過渡期の中で、従来の「労働脳」で社会を見ていてもなかなか明るい未来はみえてきません。

 

日本の人口は信じられない速度で減少しているし、あと数年で現在の社会保障制度は持続できなくなるし、(2025年問題

かつては就職先の花形であった金融や保険、商社といった業界でさえ45歳以上を対象に大幅なリストラ・減給を行っています。

このような業界は典型的なゼネラリスト雇用(総合職)で、転職先探しも本当に難しいようです。

大手銀、業務改革なお途上 高コスト体質の見直し急務
大手銀行が業務のあり方を見直す構造改革を急いでいる。三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)の三毛兼承社長は15日の決算会見で、業務量の削減幅を1万人超に上積みすると明らかにした。各社はデジタル技
損保ジャパン4000人削減で最悪の労働搾取モデルが完成。業務自動化で年収250万減へ=今市太郎 | マネーボイス
損保ジャパンは従業員4,000人を削減し、買収したワタミの介護人材に回すことを発表。平均年収を250万円も下げる新たな労働搾取の方法を確立したと言えます。
「50歳過ぎた社員は新しい価値を生まない」空前の人手不足でも進むバブル世代のリストラ
1973年のオイルショック前以来という空前の人手不足のなかで、バブル期入社世代をターゲットにしたリストラが相次いでいる。大卒後、バブル期(1988~...

 

もちろんこのような方々に教養がないというわけでは無く、当時ではそれが最適解だったと思います。

ただ、これから就職するという立場で、わざわざこのような険しい道に行く必要もないでしょう。

 

ここで「教養」がなければ、いくら「働かなくていい時代」が来ても従来通りのいわゆる人気企業に就職して、企業の使い捨て駒・歯車になってしまうかもしれません。

人余りになっても会社にしがみつこうと思ったら当然、劣悪な労働環境を強いられるでしょうからね。今のブラック企業なんて甘いくらいかもしれません。

 

繰り返しですが、「教養」とは何も学校の勉強とかに限った話ではありません。

ここでいう「教養」とは論理的思考力のようなもののことで、メンタリストDaigoさんの言葉を借りると「カオスな状況に対処する能力」のことです。

奴隷を避けるためにも、教養を磨いて時代の波に乗りたいですね。

 

スポンサーリンク

<働かなくていい時代>教養を身に着けよう

今回は「『働かない時代』はくるだろうけど教養がないと結局は奴隷になる話」というテーマで記事を書いてみました。

 

サラリーマン独立が増加して、彼らが大きな結果を出していたり、フリーランスの働き方が普及してきているという背景を受け、

「学歴は関係ない!学歴は必要ない!」という耳あたりの良い言葉も多く見かけるようになりました。

 

ただやはり、「だから勉強しなくてもいい」という意見には心からうなずくことはできません。

 

独立して起業しようがフリーランスだろうが一定の教養がなければ成果を出すことはできませんし、結局は奴隷になってしまうでしょう。

 

学力が一定の教養を担保しているのであれば、「学歴は必要ない!が、学力は必要だ」といった方が納得感がありますね。

まあ、学歴不要説も一種のポジショントークですが、教養は必要だと心に留めておくべきですね。

 

最後にホリエモン氏の「多動力」という本から一部を紹介して終わります。

 

教養とは、表面的な知識やノウハウとは違い、時代が変化しても変わらない本質的なことを言う。

幹なる教養というものがあれば、枝葉となる様々な事象はすべて理解できる。

教養なき者は、「今」という時代の変化に振り回され、目の前の仕事をこなす歯車になってしまう。

教養なき者は奴隷になるのだ。

急がば回れ。表面的な情報やノウハウだけを身につけるのではなく、気になった物事があれば歴史の奥まで深く掘って、本質を理解すべきだ。

堀江貴文 「多動力」

 

また、本書でホリエモン氏が教養を身につけるために読んだ本として紹介されていた本(サピエンス全史)も紹介しておきます。

のぞいてみるだけでも面白いかもしれません。

 

では今回はこれで以上です。

 

関連記事

<低賃金だから?>人手不足が嘘である理由と今後について
労働人口の減少に伴って「それは問題だ、移民を受け入れるべきだ。」という意見を耳にする機会が増えました。 しかし、はっきり言って人手不足は嘘です。 今回の記事では「なぜ人手不足は嘘だと言えるのか。また今後の対策について書いていきます。
学校批判は頭良さそうに見えるけど何も生み出していない。
よく「日本の学校教育は〜〜だからダメだ!」とか言いますが、本当にそんなこと言っている余裕ありますか? 他人の批判は自分の安全が確保されて初めて成立するものです。 「頭良さそう」に見えるかもしれませんが注意が必要かも。
<理由>日本の生産性が低いのは「時給が低すぎるから」
日本は先進国として経済でも技術面も長らく世界のトップランナーでした。 しかし、日本の生産性が先進国群の中でダントツに低いということをご存知でしょうか。 今回の記事では「日本の生産性が個々まで低い理由」について解説していきます。 結論は「時給の低い労働をしている人が多いから」です。
<労働オワコン?>問題→「日本企業で働く」=「生産性が低すぎる」
今年2月、堀江貴文氏が『僕たちはもう働かなくていい』という本を出しました。働かなくていいって、そんなわけないですよね。ですがAIやロボットの登場により、時間を切り売りするような生産性の低い労働は間違いなく淘汰されていきます。この問題について今後の動向と、個人が採るべき行動について考察していきます。
<実績はない>希少であるというだけで人材としての価値は上がる話
労働市場への不安からいま「人材の市場価値」に注目が集まってきています。 市場価値というと実績とか能力が必要といったイメージがあると思いますが、 これじゃあ何年かかるんだとも思いますよね。 今回の記事では「実績がなくても市場価値を上げる方法」というテーマで解説していきます。
<稼ぎに特化する>金儲けは悪という風潮こそが悪であるという話
僕たち若者が失ったものは「物欲」ではなく「お金」と「安定」です。お金も安定もないのにガンガン消費しろというのは無理があります。 今回の記事では、金儲けは悪という風潮に振り回されないためのマインドセットの身に着け方について解説します。結論は「機会費用を計算して時給を最大化する」です。
タイトルとURLをコピーしました