【大学生の外注戦略】50人を雇ってわかったメリット【お金をかけない外注化】

大学生 人を雇う外注

動画で見たい方はこちら

【大学生 人を雇う】実際に雇ってみてわかったメリット3つ
筆者:
現在50人の外注ライターを雇い、メディアを運営する。
「お金をかけない外注の方法」や「記事外注における収益化」について紹介。

 

ぼく

やあ、あんた大学生のくせして人を雇ってるって本当か?

こんにちは、マツオカです。

 

僕は現在26名の方を雇わせていただきながら2つのメディアを運営しています。

26人と言ったらそこそこの中小企業くらいの規模あるんじゃ、、?

(2020年4月現在50人にまで膨れ上がりました。)

と思うのですが、今回は「人を雇ってみてわかったメリット」についてまとめていきます。

スポンサーリンク

「雇う(外注)」ことのメリット

大学生 人を雇う

「人を雇うこと」のメリットはいくつもありますし、まだ初めたばかりなのでこれからどんどん出てくると思うのですが、今の所ではこんな感じ。

・雇う=時間を買う
・教えるのは一番成長する
・普通ではできない経験

一つ一つがめちゃ大事なので紹介していきます。

「雇う」=「時間を買う」

人を雇うことの本質って多分これだと思うんですよね。

雇用を再定義するなら「お金で他人の時間を買うこと」

さらに言うと、もし誰も雇ってなければ自分でやっていたことを誰かにやってもらっているのなら

それは「自分の時間を買っている」ことになるんですよね。

なかなかこうやって考える人は多くはないかもしれませんが、

人を雇うことで「自分の時間を買う」ことが出来るというのは計り知れないメリットでしょう。

よく”億万長者”たちは投資をすることによって「お金に働いてもらう」という表現をしますが、元金がなければそれは再現することができません。

ですがシンプルに、人を雇うことで「他の人に働いてもらう」なら可能です。

半年前の自分からしたら「目からうろこ」ですが、1つ目のメリットは「時間を買うことが出来る」です。

「教える」→「自分の成長」

2つ目のメリットは「圧倒的に成長できる」こと。

単純に「雇った」と言っても、その人が最初から仕事を100%できるわけではありません。

まずはやってほしいことの内容とか、期日とか、やり方のマニュアルみたいなものを準備して、

質問があればそれに答えつつ、マニュアルを改善するといった作業は必要になります。

質問の中には自分でもぱっと答えられないようなものもあり、そのたびに調べたり、過去の自分の成果物を見返したりするんですよね。

こういったプロセスを経ることで意外と知識が増えたり、「ここが一般的には分かりづらいのか」といった発見があったりします。

よく受験なんかで「人に教えるのが一番勉強になる」なんて言いますが、まさにそれです。

僕は塾講の経験があるので余計に納得がいくのですが、人を雇うと必ずと行っていいほど最初は指導をしなければなりません。

その過程を通して知識や新しい発見などが得られるというわけです。

普通はできない経験

最後は「普通はできない経験」が出来ること。

こと日本においては総生産人口のうち、8割弱が雇用者である(総務省・統計局)とされています。

すごく極端に単純化すると、「人を雇う」という経験をするだけで全体の1割強の希少人材になれるということです。

まあ実際はそんな簡単な話ではないのでしょうが、感覚としてはそんな感じです。

さらに僕の場合ではただ雇うということに加え、雇わせていただいている人たちのコミュニティ運営もしているため、本当に貴重な経験をしていると実感しています。

コミュニティ運営なんて言ったら「サロン主催者」とかしかなかなか経験できないんじゃないでしょうか。

もちろん規模としては26人なのでまだまだですが、やはりあるとないとでは大違い。

どうやったら人は動いてくれるのか、どうやったらWin-Winの関係になれるのか、そういった試行錯誤の経験が得られるというのは大きなメリットだと思います。

スポンサーリンク

「雇う(外注)」そんなに難しくない

大学生 人を雇う

今回は「人を雇うことのメリット」についてまとめました。

ぼく

メリットはわかったけどやっぱ誰かを雇うとか難しそうだし。

僕もそう思ってました。

 

ですが実際にやってみて、「案外やれば出来る」というのが感想です。

なにもないただの大学生でもできたわけですから、やり方さえわかっていればできないことではないですね。

もちろん簡単とは言いません、僕自身めちゃテンパったりすごくあたふたしながら、なんとかやっとここまでやってきたという感じですから。

 

ですが、怖がって最初の一歩を踏み出していなければずっとこういった経験はできてないでしょう。

いろいろと迷ったり、やらない理由を探すのは簡単ですが、最後はやっぱり勢いに任せて飛び込んでみるしか無いです。

 

「誰かと一緒に仕事」も悪くないのでは?

例えばブロガーさんたちの中には誰かと仕事をしたくないから一人で成立する「ブログ」をやっている方も多いかと思います。

それはそれで一つの形ですが、少しでも雇うという経験をしてみたいという方は、ブロガーさんに限らずですが、思い切ってぜひ挑戦してみてほしいと思います。

やはり挑戦するだけの価値はあると思います。

 

さて、次は金銭的な成果も紹介できるように頑張っていきます。

「雇った」は過程に過ぎませんからね。

ということで今回はここまでにしたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます!

【1記事を100円で】外注ライターさんを10人雇うまでの完全講義(5つのテンプレ付き)|マツオカ【50人雇い大学生】|note
「あるいは、自分で記事を書き続けるか」 本noteでは、これから記事作成の外注化を始めたいと思っている方に必要な情報が全て詰まっています。 それは僕がこれまでに経験した星の数ほどのトライアンドエラーから抽出した果実のようなものです。 本noteを手にとってくださった方には、できるだけそんな遠回り、時間の無駄使い...

おすすめ記事

【大学生の外注戦略】記事外注を始めた理由は?実際どう?【最安外注】
【大学生 人を雇う】僕は現在26人の方を雇わせていただいているのですが、今回は「人を雇うことにした経緯」と「今どんな感じか」について紹介していこうと思います。
【全部公開】記事作成の外注化ってどうやるの?【お金をかけない外注】
今回は「27人を雇った方法」を全部公開します。かなり再現性の高い内容になっているので「外注」とか「人を雇う」ことに挑戦するハードルはぐっと下がりますよ。
【大学生 人を雇う】外注化の必要性について【不労・小労所得】
【大学生 人を雇う】今回は「外注化が必要なわけ」について解説します。 ネタバレすると、「不労所得」を得るには外注しか選択肢が無いからです。 もちろん不労所得だけがポイントじゃないですけどね。
【大学生の外注戦略】人を雇うことの難しさについて【お金をかけない外注化】
前回は「人を雇うことのメリット」について紹介しましたが、今回は「人を雇うことの難しさ」について解説していこうと思います。 今回も3点に絞って紹介しているので非常にわかりやすい。(自分で。)
【50人雇い大学生】外注をチーム制にしたメリット・デメリット
外注化とかライターさんを雇うとなったら必ず必要になる「チーム制」について。 今回は素もメリットとデメリットについて解説していきます。
【外注】副業バブルなので波に乗る方法を解説【50人雇い大学生】
副業解禁を皮切りに「副業バブル」が始まりました。今回はその副業バブルの波にのって成果を出す方法を解説していきます。 今回も僕の実践済みのないようなので再現度は高め。
<画像・動画・無料相談つき!>WordPressを使ったブログ開設の手順を教えます!
「ブログ始めるなら圧倒的にWordPressがいい」それはわかってるけど難しい。 今回は超丁寧にブログ解説までの手順を解説。50枚超えの画像と4本の動画、無料質問あり!
タイトルとURLをコピーしました