合理的な生き方

合理的な生き方

お金を使う時は「消費」ではなく「投資」になるように意識すべき話

お金って持っているとつい使っちゃいがちですが、それではいつまでたっても貯金できないみたいなことが起きてしまいます。そんな時に考えなければならないのが、その購買行為が単なる「消費」なのか「投資」なのかということです。今回は「お金を使う時は「消費」ではなく「投資」になるように意識すべき」というテーマで解説していきます。
合理的な生き方

<就活>売り手市場でも学歴フィルターはなくならない理由

若年人口の減少に伴う「売り手市場」とかで、就活もイージーモードなんじゃないか みたいな意見も見かけますが、「学歴」という面でいえば決してそんなことはないですね。 今回は「売り手市場でも学歴フィルターはなくならない理由」についてまとめていきます。
合理的な生き方

他人の否定をすることでどれだけ損をするかを考えてみた。

今回は「他人の否定をすることでどれだけ損をするか」について考察してみました。「人の悪口は言わない方がいい」とか「否定しても仕方ない」とかよく聞きますがそれは正しい一方で、意識していないとつい否定的なことを言ってしまいますよね。インターンとか参加してる中でこれは意識していた方がいいなという点があったのでまとめていきます。
スポンサーリンク
合理的な生き方

<流れに任せる>見えない未来への備えは自己投資しかない話

最近ミニマリストが流行ってますね。実はミニマリストの背景には「若者がお金を稼げなくなった」ということがあります。お金が稼ぎにくくなった環境の中でも新たな幸せの形を探すことも素晴らしいと思いますが、それと同時に新しい稼ぎ方も身につけていきたいです。今回は「先の見えない未来に対してどう備えるか」について解説していきます。
合理的な生き方

<実績はない>希少であるというだけで人材としての価値は上がる話

労働市場への不安からいま「人材の市場価値」に注目が集まってきています。 市場価値というと実績とか能力が必要といったイメージがあると思いますが、 これじゃあ何年かかるんだとも思いますよね。 今回の記事では「実績がなくても市場価値を上げる方法」というテーマで解説していきます。
合理的な生き方

<自分一人でもできる>個人が生産性をあげるための方法

「働き方改革」が叫ばれているなか、生産性への注目度も爆発的に上がってきています。 前回の記事では日本の生産性が上がらない原因について「生産性の定義」という観点から解説しました。 今回はそんな環境の中で、個人でも生産性をあげる方法について考えていこうと思います。 結論は「換金性のあるスキルを身につける」です。
合理的な生き方

<日本の生産性は最下位>日本経済の勝機について考える

日本は先進国として経済でも技術面も長らく世界のトップランナーでした。 しかし、日本の生産性が先進国群の中でダントツに低いということをご存知でしょうか。 今回の記事では「日本の生産性はなぜ低いのか」というテーマで解説していきます。 結論は「生産性の高さは単価によって決まる」です。
合理的な生き方

<進化論という”宗教”>学校教育はだいたい宗教だった話

学校教育が典型ですが、物事を批判的にとらえることはあまり良いこととはされてないですよね。批判心を持たずに従うことが美徳といったように。今回の記事では「<進化論という”宗教”>学校教育はだいたい宗教だった話」というテーマで書いていきます。結論は「批判的に物事を捉えることで本質が見えてくる、あとは謙虚っぽく振る舞う」です。
合理的な生き方

<労働力不足は嘘>人手不足の原因は人口減少ではありません。

日本は長い間ずっと人口が減り続けて、今では超高齢社会と言われて久しいです。 そんな中、外国人労働者の受け入れようという声もよく聞くようになりました。 しかし、「本当に労働力は足りないのか、外国人労働者はくるのか。」というところは疑問です。 今回の記事では「人手不足の原因は人口減少ではない」というテーマで書いていきます。
合理的な生き方

<常識とは。>「大卒」という資格がたぶん価値をなくしていくと思う話。

「大学全入時代」とか、「大学は人生の夏休み」などという言葉を耳にすると、大学の価値って何だろうって思いますよね。それこそ昔はごく一部の人しか大学には入れなかった大学も、現代でその価値は低くなっているのではないでしょうか。今回の記事では「『大卒』という資格がたぶん価値をなくしていくと思う話」というテーマで書いていきます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました