合理的な生き方

合理的な生き方

<常識とは。>「大卒」という資格がたぶん価値をなくしていくと思う話。

「大学全入時代」とか、「大学は人生の夏休み」などという言葉を耳にすると、大学の価値って何だろうって思いますよね。それこそ昔はごく一部の人しか大学には入れなかった大学も、現代でその価値は低くなっているのではないでしょうか。今回の記事では「『大卒』という資格がたぶん価値をなくしていくと思う話」というテーマで書いていきます。
合理的な生き方

<結論>大学生は”資産”になるものに時間とカネを投資しましょう

頑張って受験を乗り越えてやっとの思いで大学生になっても大学生って意外と(?)暇な時間が多いですよね。 今回の記事では、せっかくの大学生活を有意義に送りたいけどどうしたらいいかわからない。 そんなお悩みにお答えします。
合理的な生き方

<優秀な人ほど謙虚>「謙虚さ」を身につけることで成功者に近づこう

よく「謙虚に生きるべき」と言いますがなぜでしょうか? 実際に、ビル・ゲイツ氏やマーク・ザッカーバーグ氏をはじめとする成功者たちは謙虚で誠実です。 今回の記事では、優秀な人はなぜ謙虚なのか。謙虚さを身につけるには。といったことについて書いていきます。
スポンサーリンク
合理的な生き方

<理由>日本の生産性が低いのは「時給が低すぎるから」

日本は先進国として経済でも技術面も長らく世界のトップランナーでした。 しかし、日本の生産性が先進国群の中でダントツに低いということをご存知でしょうか。 今回の記事では「日本の生産性が個々まで低い理由」について解説していきます。 結論は「時給の低い労働をしている人が多いから」です。
合理的な生き方

<労働オワコン?>問題→「日本企業で働く」=「生産性が低すぎる」

今年2月、堀江貴文氏が『僕たちはもう働かなくていい』という本を出しました。働かなくていいって、そんなわけないですよね。ですがAIやロボットの登場により、時間を切り売りするような生産性の低い労働は間違いなく淘汰されていきます。この問題について今後の動向と、個人が採るべき行動について考察していきます。
合理的な生き方

<なぜ労働力不足なのか>人手不足が嘘である理由と今後の対策について

労働人口の減少に伴って「それは問題だ、移民を受け入れるべきだ。」という意見を耳にする機会が増えました。 しかし、はっきり言って人手不足は嘘です。 今回の記事では「なぜ人手不足は嘘だと言えるのか。また今後の対策について書いていきます。
合理的な生き方

<機会費用で計算>借金は別に悪くないと思う理由

今回は借金は必ずしも悪いことではないという内容です。 借金には「時間のショートカットができる」という性質があるため大抵の場合は借金した方がいいです。 とはいえ利子は発生してしまうので借りた場合と借りない場合の機会費用を計算して判断するといいでしょう。
合理的な生き方

お金を使う時は「消費」ではなく「投資」になるように意識すべき話

お金って持っているとつい使っちゃいがちですが、それではいつまでたっても貯金できないみたいなことが起きてしまいます。そんな時に考えなければならないのが、その購買行為が単なる「消費」なのか「投資」なのかということです。今回は「お金を使う時は「消費」ではなく「投資」になるように意識すべき」というテーマで解説していきます。
合理的な生き方

<就活>売り手市場でも学歴フィルターはなくならない理由

若年人口の減少に伴う「売り手市場」とかで、就活もイージーモードなんじゃないか みたいな意見も見かけますが、「学歴」という面でいえば決してそんなことはないですね。 今回は「売り手市場でも学歴フィルターはなくならない理由」についてまとめていきます。
合理的な生き方

他人の否定をすることでどれだけ損をするかを考えてみた。

今回は「他人の否定をすることでどれだけ損をするか」について考察してみました。「人の悪口は言わない方がいい」とか「否定しても仕方ない」とかよく聞きますがそれは正しい一方で、意識していないとつい否定的なことを言ってしまいますよね。インターンとか参加してる中でこれは意識していた方がいいなという点があったのでまとめていきます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました