2019-09

合理的な生き方

「働かない時代」はくるだろうけど教養がないと結局は奴隷になる話

様々な著名人が「労働は終わる。つまらない仕事は全部AIとロボットがやって、人間は自由な時間が増える。」と語っています。 しかし本当にみんなが好き放題に遊んで、暮らせる時代が来るのでしょうか。 今回の記事では「『働かない時代』はくるだろうけど教養がないと結局は奴隷になる話」というテーマで書いていきます。
就活ネタ

<就活ハック>文系・未経験からIT企業に就職するための戦略

就職先の選ぶ軸として「手に職がつく」ということを意識されている方も多いのではないでしょうか。 僕もその口なのですが、文系で未経験だけどIT企業を志望する学生が増えています。 今回の記事は「文系・未経験からIT企業に就職するための戦略」について考察していきます。 結論は「実績を作ること」です。
合理的な生き方

挑戦は怖いけど自己評価を低くすればハードルはぐっと下がります。

将来への不安から「転職する」「副業を始める」など、新しいことに取り組まれる方も多いと思います。僕もブログやYouTubeなどいろいろ挑戦してきましたが、新しいことに挑戦するのってけっこう怖いです。今回は「新しいことに挑戦する際の心理的ハードルの下げ方」について解説していきます。結論は「自己評価を低く設定する」です。
合理的な生き方

<負け確ギャンブル>持ち家よりも賃貸がいいと思う僕なりの理由3つ

「賃貸vs持ち家」論争は長く議論されてきた内容ですね。僕も「マイホーム憧れるなぁ」と思っていましたが、冷静に整理してみてマイホームの必要性に疑問を抱いたので今回は「持ち家よりも賃貸がいいと思う理由」を考察していこうと思います。 結論は「莫大な借金であること」「負け確ギャンブルであること」「”不動”産であること」です。
合理的な生き方

<最短ルート>成果を出す最短ルートは目標となる人の真似をすることです。

部活でも勉強でもビジネスでも、ある分野で結果を出そうと思ったら、まずは目標となる人の研究が必須です。 部活ならめちゃうまい先輩を観察する。ビジネスなら成功者の研究をするといった感じですね。 今回の記事は、「自分が成功したい分野で成果を出す最短ルート」について考察していきます。結論は「目標となる人の真似をすること」です。
合理的な生き方

<実証済み!?>人のために行動すると自分に返ってくる話

小学校とかで「情けは人の為ならず」という言葉を習いましたよね。 人のためにしたことは巡り巡って自分に返ってくるという、あれです。 実はこれ単なる道徳教育ではなく科学的に証明されてるんですよね。 今回の記事では、「人のために行動すると自分に返ってくる」というテーマで実生活に役立つ具体例を紹介していきます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました