<常識とは。>「大卒」という資格がたぶん価値をなくしていくと思う話。

合理的な生き方

 

こんにちは、ショーンです。

 

「大学全入時代」とか、「大学は人生の夏休み」などという言葉を耳にすると、

 

ぼく
 

大学の価値って何だろう。。。

 

って思いますよね。

 

それこそ昔は優秀な人、家柄が良い人、お金のある人が学ぶ場所が大学だったので、大卒という資格は一定の教養やバックグラウンドを担保していました。

 

しかし、大学全入時代と言われる今はどうでしょうか。

 

今回の記事では、「『大卒』という資格がたぶん価値をなくしていくと思う話」というテーマで書いていきます。

 

では、詳しく見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

大卒に本質的な価値は無くなった

そもそも大卒という資格が、資格としての価値を持っていたのは、

大卒が一定の教養やバックグラウンドを担保していたからです。

というのも、大学で学ぶことのできる人は限られていましたよね。

 

・学業において優秀な人
・家柄が良い人
・お金のある人

 

戦前・戦後の時代はこんな人たちだけが学ぶ場所が大学でした。

 

そうすると必然的に大学で学べる人は人口と比べれば一握りでしたし、

大卒という資格は一定の教養やバックグラウンドを担保していました。

 

しかし、大学全入時代と言われる現代は、基本的には望めば大学には全員入れる時代ですよね。

 

そうすると「大卒」という資格は昔ほど教養やバックグラウンドを担保するものではなくなったといえますね。

 

就活における大卒の位置

 

多くの人が大学に行く理由は、やはり就活じゃないでしょうか。

実際、募集要項に「四年制大学卒業」としている企業は少なくありません。

 

ただ、少子化で超売り手市場のなか、

「大学生をとりあうより高校生を取るのもあり」というような変化も起こる可能性は十分にあり得ます。優秀大学の青田買いがあるくらいですし。

 

もっと言うと、大学に入ったからと言って社会で役に立つことを学べるかといえばそうでもなく、

特に文系は「人生の夏休み」なんて言われてるくらいなので大卒を採用することの実質的なメリットはあんまり大きくはないように思います。

 

だったら企業にとって、わざわざ4年間待ってまで大卒を採用するメリットって極めて薄いのではないでしょうか。

 

優秀なら高校生でも採用され、バカなら大卒でも採用されない、というような

ポテンシャルの面での平等な社会が訪れた場合、大卒の資格は意味をなさないでしょうね。

 

常識は別に正しくないし変化もする

とはいえ、やはり高卒や大学中退となると社会の目も数段厳しくなるでしょうし、給与の面でも差が出るのも事実ですよね。

大卒という資格が実質的な意味をなさなくなるとはいえ、周囲の目や社会的信用という面では簡単に「意味がない」と言えないのも事実です。

 

ただ、そんな”常識”も、常識だから正しいかといえばそうではないですよね。

 

そもそも常識って、その場にいる大多数が抱いている「なんとなくこうだよね?」っていう観念みたいなものですから正直いって信用なりません。

 

例えば言葉の意味や使い方だって大多数の誤用によって変わってしまうことも多々あります。

 

・うがった見方
本来は「本質を突いた見方」という意味だったが「ひねくれた見方」に変化

・爆笑
本来は「大勢が笑う」という意味だったが「大声で笑う」に変化

・的を得た表現
正しくは「的を射た表現」。的を手に入れてどうする。

 

これらすべて、誤用が広がったことにより「それでもいいよ」となった言葉たちです。

「的を得る」とか勘弁してくれって思いますけどね。

 

しかし、こんな具合で、常識なんてものはぼんやりしたものです。

「おはぐろ」や「ちょんまげ」を見返してもそうですよね。

 

周囲の視線や評判なんて移り変わりが激しいですし、

それを気にするのって「他人に対する期待」と同じくらいコスパが悪いのかもしれません。

 

まとめ

今回は「『大卒』という資格がたぶん価値をなくしていくと思う話」というテーマで書いてみました。

もちろん今日明日で変わることではないでしょうけど、

数年単位でみれば確実に大卒の価値はなくなっていくでしょう。

 

とはいえ、「学歴が必要なくなった!勉強しなくても良い!」というわけではないことには注意が必要です。

 

繰り返しですが、優秀なら高校生でも採用され、バカなら大卒でも採用されない、というポテンシャルの面での平等になるだけなので

自分の市場価格を担保しうるスキルなどの習得は欠かせないでしょうね。

 

AIをはじめとした技術革新によって、従来の社会構造が大きく変わってきています。

波にのまれないよう必死にもがいていきたいですね。

 

最後にホリエモン氏の本から一部を紹介しておしまいにします。

 

もしAIに脅威を感じるなら、AIのことを正しく学び、

現在の知見から人間社会に何をもたらそうとしているかを自分なりに考えてみるべきだ。

火を怖がったサルみたいに、テクノロジーの前で怯えているだけでは何も解決しない。

来るべきAI社会と、自分がどう向き合っていくのかを真剣に考えてみてほしい。

そうでなければあっという間に”AIに奪われる側”になってしまうだろう。

堀江貴文 『僕たちはもう働かなくていい』より

タイトルとURLをコピーしました