優秀な人ほど謙虚なのは「謙虚であることのメリットを知っているから」です。

片手に本を持っている人の画像 合理的な生き方

よく「謙虚になれ」という言葉を耳にしますが、なぜ謙虚である必要があるのでしょうか?

実際に、ビル・ゲイツ氏やマーク・ザッカーバーグ氏をはじめとする

世界の成功者たちの姿勢は常に謙虚です。

 

今回に記事では、

・なぜ謙虚でなければいけないのか?
・謙虚であることのメリットって?

といった疑問に答えます。

 

結論は、謙虚であることによって結果的により良い成果を出せるからです。

詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

謙虚であるということ

いうまでもなく「謙虚」とは「傲慢」の対義語です。

なので、傲慢でいることのデメリットがそのまま謙虚であることのメリットになります。

まず、謙虚な人の特徴を見ていきましょう。

謙虚であるとは

3人の女性がパソコンを指さしている画像

謙虚な人の特徴

・相手の主張を引き出すのがうまい
・自分の非を認められる
・感謝を表現することを忘れない

 

・相手の主張を引き出すのがうまい

謙虚な人は、もし相手の意見が自分と違う意見でも最初から否定はしません。

その代わりに相槌を打つなど一度相手を肯定的に受け止め、話を引き出す能力に長けています。

 

・自分の非を認められる

謙虚な人はムダな虚勢を張っていないため、何か失敗をした際に素直に謝ることができます。

また人の失敗に対しても過度に非難したりはしません。

 

・感謝を表現することを忘れない

謙虚な人は相手に対して感謝の気持ちを伝えることに抵抗がないため、

しっかりと感謝の気持ちを伝えることができます。

誰とでも友好な関係を築くことができるため、人当たりがよいと評価されるのでしょう。

具体的なメリット

次に、謙虚であることの具体的なメリットを紹介します。

上記の特徴がそのままメリットにつながってきます。

謙虚であることの具体的なメリット

・相手の主張を引き出すことで新しい発見ができる
・自分の非を認めることで信頼関係を構築できる。
・向上心を維持できる

 

・相手の主張を引き出すことで新しい発見ができる

”イノベーションの父”と呼ばれるシュンペーターは

「既存の要素の新たな組み合わせからイノベーションが生み出される」と説きました。

自分と違う意見であっても、それを引き出すことによって

自分では考えつかないようなアイデアが生まれる可能性は大きくあります。

 

・自分の非を認めることで信頼関係を構築できる。

たとえ失敗しても素直に謝ることができれば人からの信頼を必要以上にはなくしません

こうして虚勢を張らなくてよいため、自分を見失わないというメリットがあります。

傲慢になるとつい自分を見失ってしまいがちになってしまいます。

 

・向上心を維持できる

傲慢になると自然とそれ以上の成長はないと自分で思い込んでしまいます。

それも気づかぬうちに。いわばセルフマインドコントロールですね。

逆に謙虚だと向上心を維持することができるといえるでしょう。

それにより印象や評価が上がりチャンスが巡ってきやすくなるというメリットがあります。

 

世の中の成功者たちはたまたま謙虚なわけでは無く、

ビルゲイツ氏やマークザッカーバーグ氏をはじめとする世界の成功者たちは

謙虚であることのこういったメリットを知っているから謙虚でいられるんでしょうね。

謙虚になる方法

聖書を読んでいる子供の画像

とはいっても、謙虚にはなろうと思ってもすぐになれるものではありません。

常に謙虚で、謙遜のできる人間でいることを意識しましょう。

大事なのでもう一度言いますが、意識していないと謙虚な人間にはなれません。

 

意識するポイントは2つだけです。

・学ぶ姿勢を持つ

新しいことに出会った際、何か役に立つ情報はないかと目を皿にすることです。

そうすると自然と相手の話を引き出そうとするようにもなります。

 

・目標を見つけたらマネから始める

目標とする人物や、自分の先を進んでいる人を見つけたらまずはマネから始めることが大切です。

なぜなら目標とする人はたぶん失敗をしたらきちんと謝れる人ですよね。

無駄に虚勢を張ったりしないですよね。

話し方でもいいですし、しぐさ、でもいいのでまずはマネから始めてみましょう。

まとめ

チェスしている画像

世界の成功者たちは間違いなく謙虚であることのメリットを知っています。

 

謙虚であることのメリット

・相手の主張を引き出すことで新しい発見ができる
・自分の非を認めることで信頼関係を構築できる。
・向上心を維持できる

実は『イノベーションのジレンマ』で有名なクレイトン・クリステンセン氏がすでに

ハーバード大学ビジネススクールで「謙虚」をテーマにした講義を行っていました。

謙虚さと経済的リターンの関係性はすでにグローバルスタンダードだったんですよね。

 

学生であろうが社会人であろうが謙虚であることによるメリットに変わりはありません。

今日からでも実践してみてください。

 

余談ですが自信と傲慢は明確に違うものです。

自信を持ちながら謙虚でいることはできます。

自信の正体についてまとめた記事がありますのでこちらもよかったらご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました